ヒラハタクリニック掲示板

223341
ヒラハタクリニックの掲示板です。
当院に通院できない遠方の膵臓が弱い方向けですので、それ以外の方の書き込みはご遠慮ください。
同じような悩みを持たれている方も多いため、過去の投稿もご一読いただくよう、お願いいたします。
(あまり投稿が多いとお返事ができなくなりますので…。)
なお、不適切な内容の投稿は当方で削除させていただきます。
また、業務多忙のため、予告なく閉鎖させていただくことがあります。
ご了承ください。

背中のこりについて - なかしん

2018/10/11 (Thu) 18:23:43

こちらの掲示板を拝見していますと、多くの方が背中のコリを感じていらっしゃるようです。私自身も、脂っこい食事が続いたりしますと背中の鈍痛や痛みなどを感じることがあります。造影CTや血液検査では大きな検査異常は指摘されていないため、膵臓が弱いという状態かと思っています。
そこで疑問なのですが、マッサージを受けますと、左の背中が凝り固まってますねと指摘されることが度々あります。膵臓由来の関連痛ですと、神経の錯覚?によるコリであり、実際には触診などしてみると特に凝り固まっていないのでは、と思うようになりました。先生のところを受診される膵臓の弱い方などは実際コリというのはあるのでしょうか?脂質制限などを試していますが、あまり改善されないため整形外科を受診しましたが、湿布などしか処方されません。先生の見解をお伺いできればと思います。お忙しいところ恐れ入りますがよろしくお願いいたします。

Re: 背中のこりについて - 平畑 URL

2018/10/11 (Thu) 22:30:02

私のところでは特に左背部の筋肉の触診まではしていないのではっきりとしたことを申し上げられず、大変申し訳ないのですが、参考までに経験だけで憶測を述べさせていただきます。
 
痛みが続くことで筋肉が緊張してしまうことから筋肉が張ってしまうのではないかと思いますので、おそらく「コリ(筋肉の張り)」は痛みによって引き起こされる「結果」なのではないかと思います。
(左季肋部の触診では、同部の筋肉の張りがはっきりしている方が多いため、左背部の筋肉についても張っている方は少なくないだろうと想像いたします。
その意味では、「膵臓の弱い方などは実際コリというのはあるのでしょうか」の質問の答えとしては「ある可能性が高そう」となります。今後少し触診をするようにしてみます。)
 
結果だけを治療しても、原因が除去されていなければ「痛み」は続いてしまうため、「湿布では治らない」ということになるのではないでしょうか。
 
脂質制限そのほかの生活療法をしても、改善まで数か月かかることも少なくありませんし、睡眠時間がなかなか確保できないために痛みが続いてしまうケースもよくあります。
脂質制限ですぐに良くならなくても、それだけで「膵臓と無関係」ということにはならないのかなと思います。
 
一方で、あまり膵臓だけに気を取られて他の疾患を見逃すことがないようにしないといけないのですが…。
ご参考になれば幸いです。

Re: Re: 背中のこりについて - なかしん

2018/10/12 (Fri) 06:37:40

平畑先生
大変お忙しいところ返信いただきありがとうございます。根気よく生活療法を続けていきたいと思います。特に、痛みとうまく付き合う、向き合うということが大切なのかと感じました。ありがとうございました。

名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.